遺品整理について

親族や身近な方がお亡くなりなられるた場合

あなたにとって大切な方が亡くなられる経験は ご自身の人生でそう何度も経験することではないかと思います。

家主が亡くなってしまうと、所有していた家具や家電は放置されてしまいます。
そのすべてを誰かが引き取れるわけでもありませんから、遺品整理が必要となるのです。
遺族や親しい人であるほど、その作業は辛く、捗らないものですが残念ながら時間は待ってはくれません。
そういう時だからこそ、不用品回収のプロに委託し、速やかな遺品整理をオススメします。



遺品の整理をご自身で行うとしたらこんな悩みはありませんでしょうか?

故人との気持ちの整理がつかず整理が捗らない

遠方であるため片付けに来るのが困難である

物が多すぎて片付けられない。

突然ののお別れであったため、片付けられていない。

ともかく月内に退去しなければならない。

そもそも整理だけではなく、法事等の予定も忙しいので手が付けられない。

そうお感じになられるお客様に寄り添ったサービスこそがエコワンダーの遺品整理なのです。

大切な人の思い出の整理を心をこめてお手伝い致します。

エコワンダーではご遺品の買い取りサービスを行っております。 一つ一つ丁寧に仕分けし不要な貴重品、ブランド品、骨董品を買い取りさせていただくことが出来ます。

生前整理や遺品整理のを専門に行う業界はまだ新しく、会社によって品質やサービス、料金がマチマチです。
お亡くなりになられた方の想いを大切にし、遺品を大事に取り扱い処分させていいだける事業者を選んでください。

価格が安いばかりで雑な対応をする業者を選ぶべきではありません。

エコワンダーでは、ご遺族、故人のお気持ちを尊重し、お気持ちに寄り添う遺品整理を担当させていただきます。

 

遺品整理を依頼する業者選定のポイントとは?

遺品整理を不用品回収業者にご依頼いただく上で、何点かお客様にもご理解いただだいた方がきたい点がありますので、お伝えさせていただきます。

エコワンダーの遺品整理の出張見積もりは無料です。

業者を選ぶポイントとしては、業務内容をきちんと確認することです。
とくにデリケートな遺品整理に関しては、熟練の技能が求められます。

見積もり金額の大小だけでは決めるのではなく、回収不可能なものはあるか、どこからどこまでをやってくれるのか、時間はどこかまでかかるのか等をしっかり把握する必要があります。

遺品整理を確認する上で、確認するポイントとしてまとめておきます。

・回収できないものはないのか?

生き物、ペンキ、ラッカー、調味料、食べ物、悪臭を発するものが多くの不用品回収業者で回収できないものとなります。
これらのご処分は一般廃棄物として生ゴミに出したり、保健所と相談して処分する必要があります。
あらかじめ、そういったものが含まれていないか確認ください。

・何時間(何日)で作業終える予定なのか、業者とご自身の予定を確認

遺品整理に伴う回収作業は、立ち会いが必要なケースが多いため、作業日はお客様は現場に出向く必要があります。
遺品整理、全処分は荷物が膨大になることが多く、一日で終わらないケースもあります。
エコワンダーでは迅速に作業を行いますので、大抵は1日で作業が終わることがほとんどです。

・作業員は何人で行うのかを確認

作業量の多い、遺品整理・全処分の場合、作業員が何人いるのかでお客様が立ち会わなければいけない時間は増えるので注意が必要です。
エコワンダーでは遺品整理・全処分でのご依頼時は大抵の場合、トラック2台以上作業員4人以上で行う事が多く、チームワークで短時間で終わらせることができます。。

・どこまでの作業がサービスに含まれるのか

サービス内容に作業にエアコンや、風呂釜、浴槽、給湯器の取り外し、金庫、土や植木、庭の物置の処分は含まれるのか確認しましょう。

単に荷物の運び出しだけに関わらず、取り外し作業が必要なものや、
お庭にある植木等の処分も一括してできるか確認したほうが良いでしょう。
不用品回収業者は得手不得手があり、
「これは回収できてもこれは回収できない」
という場合が案外多いのです。
そうなると、複数の業者に回収物毎に分けて頼む必要があり、結果として金額が高くなる可能性もあります。

エコワンダーでは、エアコン、風呂釜、浴槽、給湯器の取り外し、金庫のご処分や、土や植木の、庭の物置の回収まですべて含め、お見積に入った価格をご提示します。
予めご確認の上、お見積の際お伝えください。


買取も対応するため、リーズナブルな遺品整理が可能

不用品回収に留まらず、使えそうな家電や家具は買取が可能な場合もあります。整理や処分に関する金額を安く抑えることも可能です。

家電は年式が7年以内程度でコンディション次第では買取の対象になりこともあります。
同様に家具も比較的あたらしく、コンディションが良ければ買取の対象とさせていただきます。
買取はきちんと査定させていただき、適正価格での買取に努めます。

単にご処分するだけでなく、リユース品として新しいオーナー様に使っていただくことも、故人に対する供養であるとエコワンダーは考えております。

 

遺品整理・全処分の作業を開始する前に

故人の貴重品を確保する

作業開始後こちらも貴重品が入っていないか、一点一点確認しながら分別作業を行いますが、お客様自身でも作業が始まる前にしておいたほうがいいのが貴重品の確保です。
ここで言う貴重品とは、現金、貴金属、通帳、印鑑、土地の権利書、契約書、マイナンバー通知書、遺書等がそれにあたります。

故人が意図的に隠していたり、見つけ出すことは難しい場合もありますが、エコワンダーでは回収品のひとつひとつをしっかり分別処分を行いますので、その過程で発見されるケースもございます。
※失くなったものがこの過程で必ずしも見つかるというわけではありません。

こういった貴重品関連に関しては、各種手続きが必要な場合もありますので前もって譲り受けたり、生前より貴重品の置き場所を聞いておく等した方が安全かもしれません。

Copyright(c) 2016 Eco-Wonder. All Rights Reserved.