板橋区の不用品回収と概要

2016-11-25

板橋区の概要

板橋区(いたばしく)は、東京都の特別区のひとつ。旧武蔵国豊嶋郡。
武蔵野台地の北端にあたり、概ね北部は低地、南部は台地となっている。北で荒川、北西で白子川によって埼玉県と接する。荒川に近い北部では、新河岸川が西から東に流れる。南部では石神井川が西から東に横切る。区内は東京の市街地で、住宅地・商業地のほか、北部には工場が多い。

2005年に夜間人口(居住者)は507,799人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は456,425人で昼は夜の0.899倍の人口になる。通勤者で見ると区内から区外への通勤者は141,961人、区外から区内への通勤者は94,337人と労働人口の通勤では区内から区外へ出る通勤者のほうが多い。

 


板橋区の観光

・祭り、年間行事

田遊び(たあそび) (国の重要無形民俗文化財)
いたばし花火大会
板橋区民祭り
板橋農業祭り
板橋Cityマラソン

 

板橋区のエコに対する取り組み

板橋区では、平成18年度より地球温暖化防止への取組の契機となるよう、夏季(8月1日~7日)と冬季(12月1日~7日)の一週間を重点啓発週間と位置付け、CO₂削減区民運動を板橋区全域で展開しています。
期間中、環境にやさしい9つの取組「アクション9(ナイン)」の啓発活動や地球温暖化防止につながる取組や活動を紹介する環境イベントを開催しています。

主催
いたばしエコ活動推進協議会
エコポリス板橋環境行動会議
板橋区

板橋区で粗大ごみではないもの・行政が引き取りしない物・できない物

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・パソコンといったものは家電リサイクル品という扱いで現在行政では引き取りしません。
オートバイもリサイクルが始まり行政の回収がなくなりました。
自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)、、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類金庫や仏壇などは処理困難として引き取りしません。
畳や風呂釜など用途が特殊なものも粗大ゴミとして引取りいたしません。
長さが180センチを超えるもの、ウッドカーペットやサーフボードや物干し竿などは処理困難物扱いとなります。
事業所から出る大型ごみは粗大ごみの扱いではありませんので板橋区では収集いたしません。

行政の粗大ごみ収集はゴミ置き場に出す時間と曜日が決められています。
違った日では出せません。
予約からおおよそ一ヶ月待ちになることもあるようです。
当然お部屋からの運び出しも各自で行う必要があります。

 

Copyright(c) 2016 Eco-Wonder. All Rights Reserved.