【土や植木の処分】観葉植物、プランターの処分方法とは?

土や園芸土、植木の処分の実際とは

東京都、千葉県、神奈川県の各自治体のHPでは、植木の処分については行政のホームページではこのように記載されていることが多いようです。

「土は、市(区)の施設では受け入れができません。なるべく再利用するか、庭などに返してください。どうしても返す場所がない場合は、販売店や専門業者へお問い合わせください。」

ここで園芸土や土、植木鉢等の処分方法について考えてみます。

実は行政が回収しない土や園芸土

 

そもそもなぜ土の処分が必要なのか?

枯れた植木鉢や家庭菜園のご処分のため、回収依頼を頂くことが多いのですが、
古い土を使い続けることも本来植物にとって良いことではないようです。

現在ガーデニングや園芸等で成長させすぎた土をお使い方は一度土が古くなっていないか確認してもいいかもしれません。

【古い土のデメリットはこんなに!】

・雑菌や細菌がそのまま残っている。
・前の植物がそのまま残っている場合がある。
・泥化して水はけが悪くなっている。

以上のような状態になっていれば、最悪、生育が悪くなるだけでなく、結局は枯れてしまうこともあるようです。
単に不要な土を捨てる、というだけではなく、育てる植物のためにも土の入れ替えや処分は必要になります。

それでは土の処分にはどういった方法があるのでしょうか?

公園や、山やその辺りに捨ててしまった場合どうなるのか?

土は一般廃棄物ではなく、産業廃棄物という扱いになります。
通常のそもそも家庭ゴミとして廃棄はできないものになっているのです。

【土はそのあたりに捨ててしまえばいいのでは?】

そう考える方がいらっしゃいますが、公園の植え込みや、街路樹の植え込み、車に土を積んで山の中に捨てに行くという方法は不法投棄となり立派な犯罪です。 個人の不法投棄でも1,000万円の罰金刑が設けられていたり、懲役刑もあり得ます。

そしてガーデニング植物の中には生態系を破壊するほど繁殖力の強い種類もありますので、その辺に遺棄してしまうのはやめましょう。

【自宅の庭に撒くという方法はどうか?】

根本的な解決ではありませんが、不要な土は庭にまくという方法もあります。
しかしながら、庭の一部が盛り上がったりと、美観を損ねることになります。
いずれにしても庭をお持ちの方しか出来ない方法です。

【農家に引き取ってもらう方法】

稀に不要になった土を引き取ってもらえる農家があるようです。
しかし、これはなかなか引取先を探すのは労力があり、
根やゴミなど入っていないことやリサイクル済の土であることが条件だったりするため、 現実的には難しい選択肢であると思います。

それでは土のリサイクルはどのようにするのでしょうか?

土をリサイクルして保管し、再度使う方法もある。しかし・・・

不要になった土は捨てる、のではなく、リサイクルする方法もあります。

【一般的な土のリサイクル方法とは】

 ブルーシートの上に土を広げて、不純物を取り除く。
ふるいにかけて土とゴミを分別し、 その際、根に絡まった土もしっかり落とす。

 土を黒いゴミ袋につめ、そこに熱湯を混ぜ殺菌する。

 ゴミ袋の空気を抜いて封をし、日当たりのよい場所に置いておく。

 数日後、消毒した土と市販の土壌改良材(培養土等)を7対3ぐらいで混ぜ合わせる。

以上の行程を行うと土が再生されます。
土のリサイクルは手間がかかりますが、再度利用するために必要な作業になります。
しかし、土が処分できるわけではありませんので、この方法を選択される方は少ないのではないのでしょうか。
この土のリサイクル行程は植木や観葉植物を処分する上で必ず行います。

しかし現実的には、これらの作業を行うのは難しいのではないでしょうか?
それでは一番現実的な処分の方法はどんなことが考えられるでしょうか?

不用品回収業者に頼む方法。これが一番確実。

土は一般家庭ゴミではなく、産業廃棄物扱いとなります。

産業廃棄物である土類のご処分は、エコワンダーの様な産業廃棄物収取運搬業の免許を持っている業者を選ぶことが重要です。

しかし、多くの不用品業者は土や園芸土、観葉植物、植木の処分を受け付けていない場合が多いのです。
なぜ受け付けられないかというと、土の処分をする上で専用の作業スペースやその設備がないことがほとんどです。
また、業者によっては土だけの回収しか対応していない業者もありますので、根やその他土に含まれたゴミ、不要なプランター、鉢やそれらを一緒に処分可能な業者を選ばなければいけません。

これらの理由から園芸土、植木、観葉植物のご処分は大変手間が掛かるもになるのです。

業者に依頼した場合廃棄費用はかかることになります。
しかし、土をご自分でリサイクルして引き取ってもらえる農家の方を探したりするより、遥かに早くそして正しく確実に土の処分ができる方法でもあります。


エコワンダーでは東京都、千葉県、神奈川県で産業廃棄物収取運搬業の免許を取得しています。
・東京都産業廃棄物収集運搬業許可番号 第1658888号
・千葉県産業廃棄物収集運搬業許可番号 第01200165888号
・神奈川県産業廃棄物収集運搬業許可番号 第01400165888号

また、園芸で使った土、観葉植物等で、土とゴミでも回収は可能ですので土や植木のご処分にお困りでしたら、下記よりご相談ください。

「早く土とか捨てないとなぁ。でも業者の手配するのおっくうだなぁ・・・」

そう思われてるお客様こそ、植木や土、園芸土、観葉植物の処分をエコワンダーでご依頼ください。

色々悩むよりも気軽に相談してみることで、あっという間に解決することがほとんどです。

ご相談やお見積は無料です。
下記より、今すぐお問い合せください。

Copyright(c) 2016 Eco-Wonder. All Rights Reserved.